スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙台でのんだくれ

2010 06 26
どーもどーも。

仙台にお友達に会いに行ってきまして。

一応、仕事という名目ですが、酒飲んでただけ、なんていう噂も聞きます。

前回、仙台に行ってからちょうど1年が経ちました。1年ぶりにお会いするお友達は、なんだかとても綺麗になっていました。女性は変わりますねぇ~。

というわけで、待ち合わせた5時半から日付が変わるまで飲んで話して飲んで笑っての大騒ぎでした。騒ぎすぎて周りのお客さんとまで一緒に騒いでました。いや~お酒の席は楽しいねぇ。



で、一泊して帰りに、「そういえば牛タン食ってねぇ!」ということで、利久へ。

しかし、新幹線の時間が迫っております。あと30分しかありません。

りきゅう

並び過ぎだろ!!

どう考えても間に合いません。しかし、諦めきれずスタッフさんに相談。
そしたら、なんと普通やっていないお持ち帰りで、お弁当を作っていただけることに。しかも、「新幹線の時間には間に合わせますよ!」と頼もしい限り。

はぁ~優しいなぁ、仙台最高ですな。

牛タン弁当

どうですか、この牛タン丼! やばいくらい美味かったです。

新幹線で幸せ一杯です。

また来るぜ~仙台!
スポンサーサイト

京都ぶらり旅

2010 04 10
ごきげんいかがどす~。

どうも京都弁です。

いいですね、京都弁。なんだかすごくかわいいですわ。

というわけで、ふらりと京都に遊びに行ってきました。

僕は、どういうわけか毎年4月5月になると京都に行きたくなる病を患っておりまして。高校の頃もよくバスで京都にふらっと遊びにいったものです。風情のある京の町の魅力に取り付かれた一人なんですね。

それに、ここ1年でHNKの新撰組をDVDで見たり、おーい!竜馬を読んだりして、幕末の京に生きるかっこいい男たちの知識も携えてきたので楽しみも増すってもんです。

そして、京都といえば、数千もある仏閣。

僕はこの仏閣ととても相性がいいのか、お寺や神社参りをすると自分の中からなにやら不思議な力が湧いてくるのがわかるほどです。心が落ち着き、木々に流れる澄んだ空気に癒されるのです。


天気が良かったので、前から行きたかった曼殊院に来てみました。
ここは紅葉がとても綺麗で有名なのですが、春でも十分綺麗なお庭でした。

人もほとんどいなくて、縁側でずーっと座ってたらスタッフのおばちゃんと話が弾んで写真を撮ってもらいました。

曼殊院庭

なかなかの構図バランス。おばちゃんの腕もあなどれません。
それにしても日本家屋の縁側ってなんでこんなに落ち着くのでしょう? 天気もよかったので最高の時間でした。

そして、曼殊院の近くをブラブラしていると、亀と鯉の住む池を発見。

ここの亀が本当に面白くて・・・。

いや、なんていうか不憫すぎて・・・。

亀01

写真のように橋桁によじのぼってひなたぼっこをしたい亀さんがいるのですが、どうやら身体が大きくて、おなかが曲がらないものだから、上陸しようとすると・・・。

亀02

このようにひっくり返って池に逆戻り、なのです。

しかもこの亀さん、どーしてもどーしてもなにがなんでもひなたぼっこをしたいらしく、何度でも何度でも挑戦します。しかし、その度にこてーん、とひっくり返って池にじゃぼん、なのです。

何度も何度もいろいろな角度から挑戦して、失敗し、挑戦して、失敗し、、、。

この亀さんが気になって気になって多分30分以上応援してましたが、結局登りきれず・・・。手が届かないので、乗せてあげることも出来ず、なんだか最後の方は涙がでてきてしまいましたよ。

もういいから! お前の身体では登れないんだよ!

そんな根性のある亀さんに勇気づけられました。


小腹が空いたら甘味どころ、ということで、今宮神社の目の前にある名物、「あぶり餅」をいただきます。

今宮名物

かざりや

江戸時代から100年以上も続く老舗中の老舗。「かざりや」さんであぶってもらいました。

あぶり餅

きな粉餅をあぶっているのですが、甘い味噌と苦いお茶ととても相性がよく、一人前があっという間になくなります。

でも、甘さが絶妙で一人前でちょうど良い具合です。
さすが100年もやってりゃちょうど良い具合を見つけられますよね。

夜は、ライトアップと桜が美しい清水寺。

清水寺ライトアップ

見事の一言です。

夜でも結構人が多くてびっくりしましたが、綺麗でした。やはり桜はピカイチですね。

あ~、今回も京都を満喫しました。この町にはまだまだ魅力があるので、年に1回だと、遊び尽くすのにあと50年くらいかかるかなぁ。

楽しみが多い人生です。

初鴨川 ~悠久の庭と餌にありつく鯉編~

2009 08 27
どもども、鴨川旅行、後編でございます。

さすが高級旅館。趣が違います。部屋数は10室に届かないわずか9部屋のみ。そんな少ない部屋数にも関わらず中庭が広く、贅沢な敷地の使い方ですね。

庭

池があり、橋が架かる美しい庭です。池にはまた美しい鯉たちが優雅に……。

鯉1

試しに餌を一粒落としてみると……。

鯉2



こえぇよっ!

まじそんなにがっつくなって! やるから! みんなにやるからさっ!

しかし、餌に群がる鯉の気持ち悪さも、ゆったりと流れる時間の中で浴びる幸福感にとってはほんのスパイスのようなものです。ということにしといてください。

子供泣き出すぞ、これは。

部屋風呂

で、部屋にはヒノキのお風呂が。
良い香りだし、これは相当ストレス解消になりますね。お風呂サイコー。


料理1

料理2

料理3

料理4

料理5

夕食もとても美味しかったです。

こういう感じで、上等なものを少しだけ食べる、というのは本当に贅沢な気持ちにさせてくれます。美味しい食事をいつまでも食べられるように、健康でいつづけたいですね。

こういう場所に旅行に来ると、なぜだか朝もすっきり起きられます。

鴨川は、海も近いので、魚料理も美味しいし、田舎なので時間もゆったりと流れています。しかも都会の喧騒から車でわずか1時間半程度です。離れるにはもってこいの場所ですね。

まだまだ日本にも素晴らしい旅行先があるので、これからいろんなところに行くのがとても楽しみですね。

初鴨川 ~アクアライン、海ほたる編~

2009 08 25
どもども、おひさしゅうございます、麻呂です。

先日、久々に会うお友達と鴨川へ旅行に行ってきました。久々なので少し奮発して良いところに行こう、ということになり、高級旅館へレッツラゴーです。

まずは、初めて走る東京アクアランと海ほたるに感動しました。

一体誰がどんな事情で東京湾を横断する海底トンネルを作ろうだなんて考えたのかわかりませんが、それは見事な仕事として世界に誇れるほどの建築物でした。

後で建築関係の方に聞いたことですが、日本はそういった技術は世界でも有数らしいですね。

海ほたる1

海ほたるから眺めた千葉方面への眺めです。
海の上にこんなものを何キロにもわたって作ろうという情熱と狂気はたいしたもんです。もちろん、そのおかげで神奈川から千葉の南房総へのアクセスは劇的に便利になりました。ありがたいことです。

海ほたる2

もちろん、定番の記念撮影は忘れませんよ。夏休みでしたが、そこまで混雑しておりませんでした。

海ほたる3

どのようにしてアクアライン、海ほたるが作られたのかの、技術資料館です。

順を追って説明されているのですが、なにぶんスケールがでか過ぎて意味がよくわかりませんでしたが。海底を掘り進むロボット自体がモビルアーマー並のでかさで、その部分に少しずつ、ちくわのような輪切りのトンネルを埋めていって、間を溶接してるのですが、僕の想像の範疇を超えています。

もしかしたら、すでにモビルアーマーが現実に作られていてもなんの驚きも示さないですね。だってこれすごいもん。

お昼にはフードコートでみつけた佐世保バーガーを食しました。

佐世保バーガー1

初めての佐世保バーガーに若干興奮気味で並びました。ここだけ混んでるぜ。さすが佐世保バーガー。

ところで佐世保ってどこですか? まさか海ほたるが佐世保じゃないですよね?

佐世保バーガー2

見た感じアメリカンな印象。でも食すとなんだか日本的で美味しかったです。ボリュームも満点。ポテトなんてつけた日にゃデブまっしぐらです。

海ほたる満喫して、いざ鴨川へ。アクアラインをオープンで流すなんて最高に気持ちいですね。

~悠久の庭と餌にありつく鯉編~へつづく。

旬を頂く

2009 07 04
どうも焼き魚です。

今日も引き続き伊豆に滞在しております。今日は、とことん鮮魚を食べ尽くしました。


活イカ刺し

7月の伊豆と言えば、やっぱりイカ!
新鮮な証拠の乳白色の切り身に、まだ吸いつく吸盤(笑
これまじでうまかった!

サザエ刺身

コリコリしたサザエの刺身。ビールとよく合います。

アジ

イサキ

メジナ

焼き魚は、アジにイサキにメジナ。
どれも新鮮で淡泊で引き締まった味。もうサイコーです。

メジナ食べ終わり

奇麗に食べました。基本、大きい骨と頭以外は全部食べます。

いや~今回もドライブ旅行満喫しました。やっぱり海に囲まれた日本は最高です。
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。