スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず体温を上げましょう

2009 08 31
どもども、オムロンです。

久々の健康知識になりますね。今日はそんなに長くはないですが、これから暑い暑い夏が終わり、まだ昼間は温かいけど、朝と夜は冷える、という最も風邪をひきやすい季節でもあります。

それに伴ってインフルエンザが流行しているので、ここらで免疫を上げてこの風邪ひきやすい季節とインフルエンザを乗り切りましょう、ということです。

まず、そもそも風邪をひく、ということは一体どういうことか、というところから説明していきます。

まず、空気中などあらゆる箇所に当たり前のようにいる何十、何百のウィルスが体の中に入ってきます。

入ります。当然のように僕ら人間は穴ぼこだらけです。ウィルスのみている世界からするともう入り放題。

え? マスク? 俺らにゃかんけーねーよ! なんて声が聞こえてきそうですね。

ウィルスの大きさからすると繊維の隙間なんて大きな洞窟の入り口に見えるでしょうね。ただ、口と鼻をガーゼで覆えば、それより大きな空気中のホコリやチリなどを吸いこまずに済むので、同時にそれに付着しているウィルスを吸いこまなくてすみます。なので、ウィルスを吸いこむ数に違いが出るので、マスクをしているとしていないとでは感染率に違いが出るわけです。

風邪のウィルスは種類がとても多いので、ワクチンの精製が不可能です。なので個人的にはウィルスの侵入を防ぐよりも、すべてのウィルスに対応する免疫力の向上に努力をした方が確実だとは思うのですが。

で、そのウィルスが体内に入ってくると、これまた当然のように免疫活動が始まります。なんせウィルスは体にとって異物ですから、それを排除しようという動きですね。

ここで注目ですが、この「免疫活動」こそが「風邪の症状」そのものなのです。


……どゆこと?


もちろん、免疫の強い人は、ウィルスが入ってきたら瞬く間に体内の免疫細胞に食いつくされて瞬殺です。この場合、体にはなんの症状も出ないでしょう。

しかし、瞬殺できなかった場合、ウィルスは宿主を見つけたので、どんどん増えます。毎日増えます。毎時増えます。なんなら毎秒増えます。

この数がある一定を超えると、免疫活動にも限界が見えてきます。

そうです、このままでは対抗できなくなってしまうので、免疫システムはいろんなことをしてウィルスを体内から排除しようとするのです。

その代表が、発熱です。

免疫細胞の活動適温は実は37度~9度と言われています。なので、免疫力を上げるには体温を上げるのが手っ取り早いのです。だから、基本的に風邪をひくと熱が出ます。微熱が出たりします。

そうすることによって、免疫力が高まるので、ウィルスに対しての攻撃力が増すのです。

なんていうか、悟空が界王拳10倍とかするでしょ?

あれです。

しかし、こと免疫に関しては10倍どころではありません。免疫力は体温が1度下がると約30~50%も低下します。しかし、1度上がるとなんと500%~600%も上がると言われています。

実に界王拳50倍ですよ。やばいっしょ。まじつえーよ。

だからこそ、体温というのはとても重要です。人間は恒温動物なので、体温はある程度一定に保たれていますが、人によって1~2度程度上下します。

35度の人もいれば37度の人もいます。
この二人の免疫力の差は、ウーロンとブロリーほどでしょう。




……いや、それはないね。ちょっと言い過ぎたわ。

でも、エイジングを重ねたお年寄りが風邪から肺炎などになりやすいのは、体温が低くなり、免疫力が低下しているからです。

つまり、この季節は、気温の上下が激しいので、免疫活動が適正に行えず、ウィルスが増えてしまう機会が多い、ということですね。

だから、免疫システムは、発熱させたり、下痢をさせたり、咳を出したり、くしゃみを出したりしてあらゆる手段でウィルスを退治・排泄しようと、ご主人様の了解も得ずに実行してしまうのです。

ここで、もう一つ注目点なんですが、熱が出たり、咳が出たり、くしゃみが出たりは、「免疫活動の一環」であり、「体にとって必要な措置」でもあります。

つまり、これらの症状を安易に風邪薬や咳止めなどでストップさせてしまうと、一体どうなるでしょう?

当然、医薬品ですから作用があります。熱が下がり、咳が止まります。

となると、免疫細胞は、正しく免疫活動ができず、ウィルスと通常時で戦う必要が出てきます。もちろん、風邪薬を飲んで、ゆっくり寝たり、休んだりすれば体に余計な負担がかからないので、それもありかもしれません。

つらい思いをせずに風邪を治す、となるとそれが一番楽かもしれませんね。

でも、そうなると、免疫力の低下を招きますので、風邪が長引いてしまうのです。ウィルスを問題ない数まで減らすのに時間がかかってしまう、ということですね。だって、界王拳使えないからね。

だからといって、薬を飲まないと辛いでしょうし、仕事行かなきゃいけない方の場合は、仕事をしなければならない昼間だけ薬を飲んで、夜は多少辛くても薬を飲まずに寝ることを試してみてください。

そしてウィルスを増やさないように、自分で免疫力をコントロールできる方法が、体温を上げる、ということです。

体温を上げる最も簡単な方法は、「お風呂」です。

シャワーだけの人、いませんか?

絶対良くないですよ。

日本人はA型が多く、血液型としては風邪にかかりやすい、つまりウィルスに弱い人種が多いので、湯船につかって体温を上げる、ということが習慣になったのだとも考えられています。

毎日と言わなくても、週に2~3回はゆっくり湯船に浸かって体温を上げてから寝ましょう。

そうすることによって免疫力が上昇し、風邪を引きにくいだけでなく、インフルエンザにもかかりにくい丈夫な体作りが可能です。

もちろん、栄養バランスのとれた食事も必要ですが、まずはできるところから、ですね。

今日は長くならないなんて言っておいてすいません。長くなりましたね。

まだまだ書きたいことはあるのですが、今日はこの辺で。

みんなで体温を上げて、界王拳が使えるようになりましょ~。
スポンサーサイト

本当は怖い糖尿病 ~実態編その2~

2009 07 01
どうもこんにちは。インスリン受容体です。

今日は前回に引き続き、糖尿病のお話になります。

前回をまだお読みでない方は、こちらから。

前回では、糖尿病からくる三大合併症のお話の途中までしました。今回はその続きです。

網膜症、神経障害、そして次に来る腎障害というところで終わっていました。


この腎障害。実は僕が考える病気の中でもっとも患いたくない障害の一つです。

なにかと言いますと、腎障害という名前ですから、腎臓に障害が出る、ということなんですね。この腎臓なんですが、一体どのような臓器なのか? ということから話していきます。

腰の辺りに、背骨を軸に左右対称にそら豆のような形をした2つの臓器が腎臓です。なぜ2つあるのかというと、身体にとって最重要器官だからです。

一つがだめになっても、もう一つが働くように。という予備なのです。

そして、どのような働きをしているのかというと、簡単に言ってしまうと「血液の浄化槽」と思っていただければわかりやすいと思います。

つまり、身体に流れる血液を奇麗にしてくれる臓器、ということですね。

この「血液を奇麗にする」というのは、なんとなく重要そうに思えないのですが、実は、人は血液を奇麗にしないと、たった3日間で死に至るほどです。

つまり、血液というのは、毎日毎日時間をかけて腎臓によって奇麗に浄化されているのです。しかも今の医学では、人工血液というものは未だに作ることができません。

なので、この腎臓に障害が出てしまうと、どういうことになるかというと、血液を奇麗に出来なくなるので、3日程度で死んでしまうことになります。

でも、簡単に死ぬわけにはいきません。

医学の力はすごいのです。なんと、腎臓の代わりに、身体の血液を奇麗にする機械が存在します。この機械に、血液を通して奇麗にして身体に戻す、という治療を受けることになります。

これがいわゆる「人工透析」と呼ばれる治療です。

この透析というのは、2~3日に1回、透析センターと言われる病院で、5~6時間かけて全身の血液を機械に通し、毒素と血液と水分に分け、毒素を取り除いてから身体に戻す、という荒業を一生続けることになります。

しかし、機械では限界があり、カリウムなどの栄養素がどんどん身体に溜まっていくことになります。なので、人工透析を始めると、とても厳しい食事制限や水分制限を受けることになります。

ちなみに、今の医学で人工透析が治ることはありません。

さらに、食事制限や水分制限があるので、栄養療法も不可能です。すべての野菜や果物にカリウムが含まれているからです。本来必要な栄養素なのですが、カリウムを含む食品はほとんど食べられなくなります。

治すには腎臓移植しかありませんが、適合する腎臓がうまく見つかる確率はとても低いです。

なので、人工透析を始めた患者さんは、「第1級身体障害者」となります。

つまり、腎障害が起きて、人工透析を始める、ということは、

食べたいものも食べられず

飲みたいものも飲めず

週に2~3回は病院で5~6時間の透析治療に通い

旅行にも行けず

山のような薬を飲み続けることになります。


プラス。

プラスですよ。

三大合併症の網膜症を併発して、目が見えなかったらどうしますか?


さらに、糖尿病性壊疽を併発していて、手足を切断していたらどうしますか?


三大合併症というくらいなので、もっとも多い合併症がこの三つなのです

そして、この状態に、自分の親や、おじいちゃん、おばあちゃんがなったらどうしますか

誰がお世話するんですか?


そ~んなことにならないって。


と思っている方もいるかもしれませんが、前回の冒頭にもお話しした通り

例えば、ファーストフードが好きな人、紅茶やコーヒーが好きな人、煙草を吸う人、コンビニのおにぎりや弁当が好きな人、カップめんが好きな人、水を飲まない人、デザートやスイーツが好きな人、お酒を毎日飲む人、現在太っている人、冷え性のある人、偏頭痛持ちの人、便秘がちの人、低血圧の人、高血圧の人、肩こりのある人…などなど。

この人たちは徐々に糖尿病へと進んでいる方です。5年後か10年後かにこういう状態になりえます。

それこそが、「生活習慣病」だからです。

生活習慣を良い習慣に切り替えていかなければ、この習慣病から逃れる術はありません。

本当に、本当は怖いんです。糖尿病という病気は患者数があまりにも多いので、軽視されがちですが、本当に後戻りできない恐ろしい病気なのです。

軽い症状のうちに、生活習慣を改めていくことを切に願います。

僕のところにも透析間近、や透析をすでにしている方などが相談に来ますが、本当に悔しい思いを何度もしました。もっと早く来てくれたら防げたのに、と。

糖尿病になってしまうと、治すのはとても大変なのです。なる前に生活習慣を気をつけていって予防することの方が何倍も簡単なのです。

今後の人生において明るい生活を実現するためにも、健康というのは絶対に外せないファクターの一つです。

あなたも今日から生活習慣病予防を家族や周りの大切な人とはじめてみませんか?

本当は怖い糖尿病 ~実態編その1~

2009 06 23
どうもこんにちは、早乙女アルトです。

どうにもマクロスFを見てから、アニメ熱が再燃して映画よりアニメを見てしまって、僕のブログの毎日更新を支える映画ネタがなくなってゆきます。誰か助けてください。

今は、コードギアスにはまってます。50話もあるので、映画に取りかかれません。誰か助けてください。

で、今日は、健康知識を書きます。

題材は、現代の病気ジャンルにおける超大型ルーキー、「糖尿病」についてです。

超大型ルーキーというのは、実は、40年前の糖尿病患者数はたったの3万人程度です。それが、ここ40年間で約700万人に、予備軍を合わせると2000万人以上に膨れ上がっているからです。

このスピードで増え続ける病気も珍しいですね。花粉症に匹敵します。しかし、花粉症なんかよりもずっと怖いのがこの糖尿病なのです。

これほどまでの患者数を誇るのは理由があります。

それは、「病院では治らない」からです。

糖尿病と診断され、病院に通っている人は数多くいますが、「どれくらい通われていますか?」と聞くと、「もう何年も通ってます」という答えが返ってきます。しかも、中には薬の量が増え、通う回数が増えた、なんていう方もちらほらと見受けられます。

つまり、何年病院に通っても「治っていない」という事実がわかります。

そうです、これほどまで患者数が多いのは、「なる人は増えるけど、治る人は増えないから」にほかなりません。

なぜなら、糖尿病は「生活習慣病」だからです。

いくら薬を飲んでも、いくら病院に通っても、生活習慣を変えてはくれません。なので、症状を軽くしたり、進行を遅らせることは出来ても完治させることは出来ない場合がほとんどなのです。

しかし、逆に言うと、生活習慣をしっかりと変えていけば糖尿病は治る病気だと僕は考えています。なので、どこまで自分の悪い生活習慣を克服できるかにかかっています。

もちろん、理想は健康のうちに習慣を変え、予防することでしょう。

なぜなら、糖尿病は本当はとても怖い病気だからです。なってから治すより、予防する方がはるかに簡単なのです。そして、その悪い生活習慣というのは、誰もが無意識に習慣にしていることだったりするので、多くの人がこの病気の対象者です。

自分とまさに関係ある病気なのです。

例えば、ファーストフードが好きな人、紅茶やコーヒーが好きな人、煙草を吸う人、コンビニのおにぎりや弁当が好きな人、カップめんが好きな人、水を飲まない人、デザートやスイーツが好きな人、お酒を毎日飲む人、現在太っている人、冷え性のある人、偏頭痛持ちの人、便秘がちの人、低血圧の人、高血圧の人、肩こりのある人…などなど。

これらの症状や嗜好のある方にはまさに数年後に関係してくる病気なのです。

では、ここから「本当は怖い」という実態を話していきたいと思います。

まず、政府の発表では、糖尿病が原因で死亡する方は、たったの1万人程度です。死因は依然、ガン、脳血管疾患、心疾患が6割を占めています。

なので、大体の方は「糖尿病は死なないから怖くない」程度に捉えています。

糖尿病でも普通に生きている人はいるし、むしろ別に病気だとわからないくらいです。太っている人もいれば痩せている人もいます。

しかし、実態はそうではありません。

糖尿病の怖さは、糖尿病からくる合併症にあると言っても過言ではありません。

多くの合併症が患者さんたちを苦しめるのです。そして、その合併症で死亡した場合、合併症が死因として記録されるので、糖尿病が根本原因だとしてもデータとして記載されることはありません。

当然、先ほどの三大死因も糖尿病の合併症として出てくるものなのです。

しかし、そこまでの合併症が出るまでにも、いくつもの合併症が出てきます。

まずは、高血圧や狭心症、高脂血症などの血液や血管の合併症ですね。それにより、血流が悪くなります。血流が悪いといことは、全身をめぐる身体のシステムに支障をきたすことになるので、多くの弊害が出てきます。

それが糖尿病の三大合併症と呼ばれるものたちです。

一つは、糖尿病性網膜症

目の周りには細かい毛細血管がたくさん走っています。血流が悪くなることによって、毛細血管が詰まったり、栄養がいきわたらなくなったりして、目に栄養が行かなくなります。

そのため、目がかすんだり、眼底出血を起こしたりして、最悪の場合、失明ということになります。糖尿病の方が、網膜症で手術をすることは良く聞く話ですね。

そして、全身への血流も悪くなるので、手足の先までしっかりと栄養や酸素がいきわたらなくなります。そのため、指先や足先に感覚がなくなり、細胞が腐ってきます。

これが二つ目の、糖尿病性壊疽です。

壊疽とは、細胞が腐ってしまうことです。つまり血液の循環がうまくいかないことで、手足の先の細胞が死んだ状態になります。生物は死ぬと腐ります。

腐ると腐敗物質がたまり、その毒素が全身をむしばみます。

それを回避するために、手足の先を切り落とす処置をしなければいけなくなります。つまり、簡単に言うと指先の切断です。

糖尿病性壊疽による足の切断をグーグルなどで画像検索をすると目をそむけたくなるような画像がわんさかでてきます。心臓の弱い方は控えるべきですが、他人事ではありません。

しかも、一番怖いのは、合併症という名の通り、これらの症状はすべて重複する、ということです。

つまり、最悪の場合、糖尿病を患っていて失明していて指がない、歩けない状態も十分あり得る、ということです。

わかりますか? この悲惨さが。

さらに、強力な三大合併症の一つが、腎障害と呼ばれるものです。

これについては少し長くなるので、続きはまた後日、ということで今日は実態編その1でした。

糖尿病は怖いんですよ!

紫外線ケアは万全ですか?

2009 06 15
どうもこんにちは、ウルトラヴァイオレットです。

今日は、紫外線ケアについてお話ししたいと思います。

実は、1年を通して今が最も紫外線量が多い時期なのです。そして、7月、8月の紫外線量は、実は4月、5月とほぼ同等と言えます。

夏前に徐々に黒くなってくる人が多いのはこのせいなんですね。つまり、紫外線ケアは今が一番大切! ということになります。

また、勘違いしやすいのが、天候です。実は、晴れの日よりも曇りの日の方が肌が受けるダメージは大きいと言われています。

そして、紫外線によるダメージは、肌のみならず、身体にも影響を及ぼします。紫外線によって発生する活性酸素は、肌細胞を攻撃するだけでなく、内臓などにも到達します。

つまり、紫外線ケアは女性だけでなく、男性にも十分に関係する事柄なのです。

そもそも、日焼けというのは、身体にとって1ミリも良くありません。

30年くらい前の母子手帳なんかをみると、「ひなたぼっこ」という項目がありましたが、現在では一切ありません。日焼けが良いとされていた時代はとっくに終わっているのです。

紫外線量の多い、ニュージーランドやオーストラリアでは、「子供の紫外線ケアは大人の義務」とされ、それを怠ると、法律で罰せられるほど。

さすが、皮膚がん世界一の国ですね。

しかも、子供の肌は大人に比べて薄く紫外線によるダメージをとても受けやすいのです。一説によると人が一生のうちで受ける紫外線ダメージの約6割近くをわずか12歳までに受けるというデータもあるほどです。

つまり、紫外線から身を守ることが、健康を維持するうえでとても大切な項目なのです。

そこで、役に立つのが、UVカットをしてくれる日焼け止めなどの乳液ですね。

しかし、やはりなんでもいいわけではありません。

驚くことに、「UVカット」「日焼けによるシミ・ソバカスなどを防ぐ」などと謳った化粧品を、国民生活センターが調べた結果、調べたすべての銘柄に「紫外線を防止する効果はなかった」という結果が出ています。

この結果により、「誤解を招く表示」として表示の改正を各メーカーに要望しました。

しかし、これに対して化粧品メーカーの回答は、「もともと紫外線を防止するとは書いておらず、効果がなくて当たり前。日焼け後の肌のダメージを軽減する目的であり、紫外線から守れるわけではない」というものでした。

この話は、当時新聞でも取り上げられていましたが、今現在でも同じ銘柄たちが平然とUVカットやUVケアなどと銘打って販売を続けています。

ここで実名は出しませんが、ほとんどのUVケア商品は、効果が期待できないと思った方がいいかもしれませんね。

なので、しっかりと紫外線から肌を守ってくれる製品を選ぶ必要があります。紫外線を防止してくれるということは、皮革などにも効果があるはず。

四角い皮革の切れ端などの半分に塗布して、屋外に放置して、日焼けが起こるかどうかでも判別は可能です。まぁ、生きている皮膚と死んでる皮膚では違うでしょうが。

あとは、皮膚に塗布しても安全な成分かどうか、という部分ですが、これは信頼できるメーカーを選ぶしかないでしょう。

そして、太陽は1年中昇ります。1年間を通しての紫外線ケアが大切です。

10年後、20年後の自分のために、今日から紫外線ケアをはじめてみませんか?

ガンについて知ろう! part3

2009 05 31
こんにちは、アキラです。

今日は、パート3です。パート1はこちらから。パート2はこちらからお読みください。

パート1では、ガンがどのような病気なのか? を簡単にお話ししました。もちろん、ガンというのは部位別にかなり種類があるので、一概には言えません。

パート2では、実際にガンになる、ということはどういうことなのか? をお話ししました。ただの一例なのでこれもすべて当てはまるわけではありません。

しかし、そんなガンの根本的な原因の多くは同じです。

ガンが別名なんと呼ばれているかはご存じだと思います。

以前までは「成人病」と呼ばれ、成人がなる病気と考えられてきました。しかし、近年、若年層にもガンは増え、名称が変わりました。20代の死因を見てみるとわかるのですが、1位が自殺、2位が不慮の事故死と来ますが、3位は悪性新生物。つまりガンです。

若くても病死の場合はガンが1位なのです。

このような事実から、名称が「生活習慣病」というものに変わりました。年齢にかかわらず、その人の生活習慣によってガンになってしまうので、ガンになったら自分の生活習慣を恨んでください。という自己責任の時代を代弁したかのような名称になりました。

この名前一つでもわかるのが、「病院では生活習慣を改めさせてくれない」ということです。

もちろん、ガンは現在の外科医療などの進歩により手術をすれば治る確率は高いです。しかし、根本である生活習慣を治さなければ、幾度となくガンに侵されてしまうということになります。

この生活習慣の悪さが若年層にも広がり、ガンの低年齢化が進んだと考えます。

つまり、どのような年代であろうと一番死に近い病気はガンであり、もっとも予防したい病気はガンなのです。

しかし、この予防がやっかいです。なんせ生活習慣が原因でなるものですから、ありとあらゆる方面から生活を切り替えていかなければなりません。どんな生活習慣が悪くて、どんな生活習慣が良いのか、が曖昧で正しい知識を持っている人は多くありません。

例えば、虫歯も生活習慣病です。
でも、虫歯にならない方法は幼稚園児でも知っています。

毎日、食後に歯磨きをする、ということです。誰でも知っているので、誰もが歯磨きは当たり前のようにします。しかし、虫歯で死ぬことはほとんどありません。それよりも、ガンの方がよっぽど怖いにもかかわらず、ガンの予防をどのようにしていますか? と問われると、「明確にこれといったことはしていない」というのがほとんどなのではないでしょうか?

それは、どうすればガンを防げるのか? が正確に理解していないからなのと、理解していても実行に移すのが難しいからにほかなりません。

実に簡単なことなのですが、これが難しいのです。ガン予防に効果を発揮する生活習慣と、ガンになってしまう悪い生活習慣を挙げてみましょう。

○緑黄色野菜を中心としたビタミン・カロチノイドの豊富な食事
○キノコや海藻類などミネラルや植物栄養素の豊富な食事
○サバやイワシといった青魚など不飽和脂肪酸の豊富な食事
○毎日2リットル近くの水分補給
○早寝早起きをして、7時間程度は眠る
○ストレスを溜めずに楽しい趣味を持つ
○6時間頑張ったら、4時間はリラックスして休む
○毎日よく笑い、楽しい気分で過ごす
○毎日38~9度のぬるま湯で10~20分ほど半身浴をする
○ウォーキング20~30分などの軽い運動

×お肉を中心とした食事
×お酒をよく飲む
×ファーストフードや揚げ物、スナック菓子が好き
×コンビニ食が多い
×コーヒーや紅茶、緑茶を1日何杯も飲む
×タバコを吸う
×夜型の生活
×働き過ぎ
×怒りっぽくストレスをためている
×趣味を持っていない
×あまり笑わない
×大体シャワーで済ませてしまう
×運動不足

など軽く挙げるだけでもこれくらいはあります。みなさんは、これらのことを少なからず知識としては知っていると思います。ただ、これが実行できない場合がほとんどです。

しかも、多くの人は完璧を求めて、少しでも出来ないことが含まれていると全部をあきらめてしまうことが少なくありません。しかし、ガンは自ら予防できます。

悲惨なガンであらゆる方面から苦しむ前に、少しでもこれらの良い習慣を実行し、悪い習慣を断ち切っていくことが大切です。どれも完璧にすることはありません。

例えば、普段はシャワーだけど、週に1日くらいは半身浴をしよう。
例えば、飲み会には行くけど、お酒の量を減らして、後半は水を飲もう。
例えば、お肉も食べる日の前後は野菜をたくさん食べよう。
例えば、週に1度くらいはお笑いのDVDでも見て笑おう。
例えば、月に1度くらい新しい趣味を見つけて楽しもう。
例えば、タバコの量を減らして、その分のお金を趣味に使おう。
例えば、週に1日は早寝早起きして、朝少し歩こう。

たったこんなことでも、少しずつ生活習慣を変えていくことが大切です。その意識が病気を遠ざけます。これから一人でも多くの人が自分の体を向き合って生活習慣を少しずつ変えて、病気にならない人が増えると最高です。
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。