スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神頼み

2009 06 30
こんにちは、神と呼ばれしものです。

FF史上最強と言われたモンスターです。

しかし、今日はモンスターにではなく、待乳山聖天様、という神様へお参りにいってまいりました。

浅草聖天様

実は、僕にとってお参りは特別なことではなく、毎月の恒例行事なのです。

普通の方が神社にお参りに行くのは、1年に1回とか初詣に行くくらいだと思います。そこでお願いしたこと、かないましたか?

おそらく、多くの人が「なんの願い事をしたのか忘れた」だったり「まだかなってない」だったりだと思います。なので、ほとんどの人は神頼みというのは、おおよそ迷信で、信じるに足らないものだという認識があると思います。

しかし、本当は神頼みというのは、究極の選択であり、かなり確実性の高いものなのです。

だって、スポンサー「神」ですよ。

最強のスポンサーでしょ?

だから、僕は神頼みをします。すでに、願いがかないすぎて、お願いすることがないほどです。

実は、神様に願い事を聞いてもらうためにはコツがあるんです。

まず、前提としてお布施の金額は関係ない、ということです。
神様にお金は通用しません。1円だろうが、10円だろうが100万円だろうがあまり差はありません。ただ、願いがかなってお礼をする時は、奮発してもいいかもしれませんね。神様を祭ってくれている神社さんに対して、「このお金で神社の維持を」という思いでするもので、神様にお金を渡すわけではありません。

そして、大事なのは、神様と約束をして願いをかなえてもらう、ということです。

一番の約束は、「月に○回はお参りに通います」ということです。

そうです、神様も忙しいのです。1年に1回顔を出すくらいの人の頼みごとなんて聞いてられません。毎月1回や2回、3回、4回と毎月顔を見せる人の頼みごとを聞いてくれます。

そして、参拝の時も「名前、住所」をしっかりと伝えるといいでしょう。

ちなみに僕は最初は月に1回3か月ほど通いました。そしたら、あまりにも願いをかなえてくれるので、毎月3回にしてからはすでに半年が経とうとしています。

僕にこの神様を教えてくれた方は、月に7回のお参りを実に20年近くずーっと続けている方です。もちろんその方は、とても成功している社長さんです。

当然、その約束を破れば、願いがかなうどころか、バチが当たるので、安易な気持ちで約束して始めない方がいいですが、神様の力を借りたいと思う方はいいかもしれません。
スポンサーサイト
 | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。