スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

環境問題のうそほんと

2009 09 03
どもども、エコポインツです。

突然ですが質問です。


Q1 水素燃料はクリーンエネルギーでしょうか?

Q2 ハイブリッドカーとガソリンカーではハイブリッドカーの方が環境に良いのでしょうか?

Q3 地球温暖化になると南極や北極の氷が解けて海面が上がるのでしょうか?






答えはすべて「NO」です。いや、YESの部分もありますが、大方NOです。

水素燃料を作りだすのに、大量の石油が必要とされます。そもそも水素単体で安定させるのには、莫大なエネルギーが必要なのです。結果として水素燃料はクリーンかもしれませんが、その過程でより多くのCO2を排出します。

ハイブリッドカーに使用されている電池やモーターなどは極めて特殊な装置で、寿命に達した後、ほとんどリサイクルする余地がなく、ほぼそのまま廃棄という形になります。この廃棄により多くの産業廃棄物を出すことになります。ハイブリッドカーが売れれば売れるほどこの産業廃棄物は増えてしまいます。

この処理により通常のガソリン車に比べて環境負担は大きいとさえ言えます。実際には燃費の良いガソリン車の方が長持ちするし、環境負担は少ないでしょう。

あと、ハイブリッドカーは大きな電化製品でもあるので、その電磁波の影響はどんなもんでしょう。あまり体に良いものではありませんね。

そして、温暖化によって極地の氷が溶けて海面が上がる、という説ですが、事実海面は上昇していますが、それは極地の氷がとけているからではありません。

コップに水が入っていて氷を入れます。その氷が溶けても水位はまったく変化しません。

つまり海に浮いてる北極の氷がいくら溶けても海面が上昇することはありません。これはアルキメデスの原理と呼ばれ、専門家が知らないはずがありません。

地球は長い年月をかけて膨張をしています。星はみんなそうですね。それによって海面は少しずつ上昇しますが、陸地も膨張しているのでその差はびびたるものです。

しかし、グリーンランドなどの陸地の氷などが解ければ話は別です。海にそそがれますからね。しかし、グリーンランドの陸地の氷が解けたからと言って都市部が海に浸かるようなことはないでしょうね。

環境問題というのは、その多くが煽りであり、企業の販売戦略の一環でもあります。僕らはいろんな周りの情報からこれは正しい、と思える情報を探り当てて行動する必要があります。

学者によっては「温暖化はいいことだ」とさえする説もあります。

しかし、アルゴア元副大統領の「不都合な真実」が示す通り地球環境の変化は、目に見える形で表れてきています。観測史上初、という言葉をここ数年で何度聞いたかわかりません。確実に異常気象は起こっています。

僕は、環境問題の「何が問題なのか?」をもっと正しく知る必要があると考えています。

例えば海が汚れれば当然そこに暮らす生き物も汚れていきます。そして食物連鎖の頂点にいるのは我々人間です。環境悪化が食料不足を招き、世界的な飢饉に見舞われるかもしれない、というのも立派な環境問題です。

温暖化すれば、生き物が生きやすい環境になり、食料は豊富になる、今まで氷の大地だった箇所に緑が茂り、森が増えていいじゃないか、という説を唱える学者もあります。

石油に関しても有限資源のはずなのに、いつまでたってもなくなりません。それどころか消費量は年々増えています。本当に化石燃料として有限であれば今頃底をついててもおかしくないんですけど、ガソリンもペットボトルも簡単に手に入ります。

もう何が本当で何が嘘なのか、わかりません。

最近見た19年前に公開されたドラえもんの映画から始まり、ここんとこずっと調べているのですが、僕的には僕が納得した説を支持し行動します。

でも、正直なところ、よくわからなくなってきて……。そういうことをずっと調べていてなんとなくこう思ったんです。

自分のことじゃなくて地球のことをこう真剣に考える余裕があるほど、僕は幸せなんだってことを。

だって、環境問題の被害者ってどなたですか? 家庭のCO2排出量が多すぎて失業したとか、ゴミの分別がしっかりできてなかったから実刑判決受けたとか。

ないよね。被害者いないのに、こんなに頭抱えて「う~ん、どっちが正しいんだろう?」なんて首をひねってる自分が滑稽に思えてきちゃいましたよ。

もちろん、被害者は自分の子供であり、孫であり、曾孫であるわけです。

しかしですよ、今の環境を御先祖様のせいにして愚痴をダラダラ言ってる孫とか、むかつきませんか? それって親がしっかりしてなかったから自分もしっかりできないんだ、とか言ってるクソガキじゃないですか。

いや、だからといって環境問題を次の世代に託して、僕らは何もしませ~ん。ではダサいですけど、地球環境よりももっと今の生活や仕事や恋愛や人間関係の悩みを解決しないと、とてもじゃないけど地球さんのことまで頭が回らないわ、それよりも、毎日の満員電車をなんとかしてくれ、というのが本音じゃないですか。

だからこそ、僕は地球環境のことで本当は何がいけなくて、どんな行動が地球にとって良くて、どんな行動が悪いんだろうか? なんてこと悩める自分は幸せなんだな、と。

そんな秋の気配を感じる夜。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。