スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お財布の新調

2009 09 11
どーもこんにちは、アキラです。

今使用している財布が、もうそろそろ2年半になろうとしております。

以前も書きましたが、財布というのは、自分の財産を保管しておく場所なので、お財布一つでその人のお金に対する考え方や捉え方がよくわかります。

そして、お財布の寿命は約3年です。もちろん物を大切にすることは大切です。財布だって大切に扱うのが当然ですが、やはり3年近く使用していると、カードや小銭の跡や、凹凸、汚れ、擦り切れなどが気になってきます。

改めて自分の財布を見ても、やはり少し汚れてきています。

ヴィトン

これはこれでお気に入りなんです。とても使いやすい財布でした。しっかりして丈夫だし、さすがヴィトン、という確かな作りになってます。

しかしそろそろ寿命なので、お財布を新しくしようと、先月からどんなのがあるのかをいろいろと見ていたのです。

今の財布はヴィトンの白ダミエの財布なので、今度は黒ダミエの財布にしようかなぁ~、とヴィトンに行ってみたり、ここは奮発してエルメスの行っちゃう? と値段を見て愕然としたり(30万円でした)、ブランド物じゃなくて機能的なものにしようかとダサさに食指が動かなかったり、なかなかこれといったものが見つからないまま…。


しかし、ついに先日、見つかりましたよ!

僕の愛するベルルッティで、つい先月発売されたばかりの新作の財布が!

しかも、ラウンドジップタイプで、カリグラフィのモデル。

ベルルッティ

渋い。まじ、渋いぜ。こーゆーの待ってたぜ! 今の財布よりカードが入る枚数も多いです。

使えば使うほど味の出る、門外不出のヴェネチアレザーに、これまたベルルッティのお家芸であるカリグラフィを刻んだパティーヌ(革)は最高にかっこいいです。

お値段もヴィトンよりは高く、エルメスよりは安いちょうどよい感じの94,500円です。そして、定番ラインとはいえ、手作りのため生産数がそこまで多くないので、あまり持っている人も少ないのがまたいいです。

ヴィトンの財布、特に白ダミエはみんな持ってますからね。

いや~、ちょうど財布を探していたところに、偶然にもベルルッティから新作の財布が発売されていたとは、まるで僕のために新作を作ってくれてるみたいです。いや、きっとそうに違いない。

だって財布自体は前からあったんですが、全部普通の長財布で、ラウンドジップの形はなかったんですよ。それが、ここにきてタイミング良くラウンドジップタイプだなんて。

わかってるじゃん、オルガ・ベルルッティさん。ナイス実父! あ、違う、ナイスジップ!

というわけで、超ご機嫌です。イェ~イ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。