スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

京都ぶらり旅

2010 04 10
ごきげんいかがどす~。

どうも京都弁です。

いいですね、京都弁。なんだかすごくかわいいですわ。

というわけで、ふらりと京都に遊びに行ってきました。

僕は、どういうわけか毎年4月5月になると京都に行きたくなる病を患っておりまして。高校の頃もよくバスで京都にふらっと遊びにいったものです。風情のある京の町の魅力に取り付かれた一人なんですね。

それに、ここ1年でHNKの新撰組をDVDで見たり、おーい!竜馬を読んだりして、幕末の京に生きるかっこいい男たちの知識も携えてきたので楽しみも増すってもんです。

そして、京都といえば、数千もある仏閣。

僕はこの仏閣ととても相性がいいのか、お寺や神社参りをすると自分の中からなにやら不思議な力が湧いてくるのがわかるほどです。心が落ち着き、木々に流れる澄んだ空気に癒されるのです。


天気が良かったので、前から行きたかった曼殊院に来てみました。
ここは紅葉がとても綺麗で有名なのですが、春でも十分綺麗なお庭でした。

人もほとんどいなくて、縁側でずーっと座ってたらスタッフのおばちゃんと話が弾んで写真を撮ってもらいました。

曼殊院庭

なかなかの構図バランス。おばちゃんの腕もあなどれません。
それにしても日本家屋の縁側ってなんでこんなに落ち着くのでしょう? 天気もよかったので最高の時間でした。

そして、曼殊院の近くをブラブラしていると、亀と鯉の住む池を発見。

ここの亀が本当に面白くて・・・。

いや、なんていうか不憫すぎて・・・。

亀01

写真のように橋桁によじのぼってひなたぼっこをしたい亀さんがいるのですが、どうやら身体が大きくて、おなかが曲がらないものだから、上陸しようとすると・・・。

亀02

このようにひっくり返って池に逆戻り、なのです。

しかもこの亀さん、どーしてもどーしてもなにがなんでもひなたぼっこをしたいらしく、何度でも何度でも挑戦します。しかし、その度にこてーん、とひっくり返って池にじゃぼん、なのです。

何度も何度もいろいろな角度から挑戦して、失敗し、挑戦して、失敗し、、、。

この亀さんが気になって気になって多分30分以上応援してましたが、結局登りきれず・・・。手が届かないので、乗せてあげることも出来ず、なんだか最後の方は涙がでてきてしまいましたよ。

もういいから! お前の身体では登れないんだよ!

そんな根性のある亀さんに勇気づけられました。


小腹が空いたら甘味どころ、ということで、今宮神社の目の前にある名物、「あぶり餅」をいただきます。

今宮名物

かざりや

江戸時代から100年以上も続く老舗中の老舗。「かざりや」さんであぶってもらいました。

あぶり餅

きな粉餅をあぶっているのですが、甘い味噌と苦いお茶ととても相性がよく、一人前があっという間になくなります。

でも、甘さが絶妙で一人前でちょうど良い具合です。
さすが100年もやってりゃちょうど良い具合を見つけられますよね。

夜は、ライトアップと桜が美しい清水寺。

清水寺ライトアップ

見事の一言です。

夜でも結構人が多くてびっくりしましたが、綺麗でした。やはり桜はピカイチですね。

あ~、今回も京都を満喫しました。この町にはまだまだ魅力があるので、年に1回だと、遊び尽くすのにあと50年くらいかかるかなぁ。

楽しみが多い人生です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。