スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怒濤の上海4日間

2010 06 14
どもども~。

遂にワタクシ、海外デビューでございまして。

これまで、東洋医学の勉強のため中国に行ったり、アメリカに行ったりはしていましたが、勉強ではなく、講師として行ったのは初です。

現在、中国は著しい経済発展を遂げて、日本に追いつけ追い越せ、世界の経済国に仲間入りを果たしており、当然そうなってくると平均寿命は伸び、生活水準は上がり、贅沢品の需要が増えます。

それに比例して、現先進国が抱える問題を追いかけることになります。

それは「病気」です。

中国都市部での死亡原因の上位は悪性新生物、脳血管疾患、心疾患と、我々先進国と同じです。

つまり、人種が違えど、生活習慣病のたどり着く先は、血液の病気ということになります。

そこで、ワタクシ、健康カウンセラーとして、中国は上海の方へお招きいただきまして、中国人の方に対して講演をしてまいりました。

同時通訳と、医学用語の翻訳はとても骨の折れる作業でした。

P1020040.jpg

現地の方で日本語がわかる方と内容の打ち合わせ中の図です。

仕事に打ち込む姿勢もとても真面目で、打ち合わせをしっかりした結果、とても良い感触を得ることができました。

何より驚いたのは、中国の方々の健康に対する関心の高さ、です。
日本でこそ健康志向の方が増えていますが、中国でも昼間からスポーツジムが満員だったり、サプリメントの種類が豊富だったりと、もしかしたら日本よりも健康志向の潜在人口は多いのではないでしょうか?

今回は、本当にとても良い経験をしました。

P1020023.jpg

今後、中国は僕にとって大きな関わりを持つ国になるかもしれない気配を感じるような感じないような…。

それに中国ということで、水回りだとかホテルだとかとても不安でしたが、実はこんなに良いホテルが日本ではあまり考えにくい値段で泊まれたりします。

P1020034.jpg

見て下さい、この広さ。
リビング25畳くらいあります。一緒に泊まったお友達もびっくり。

P1020032.jpg

ホテルなのに2階建てで、2階には仕事用の超立派な社長机も。

P1020031.jpg

ベッドも綺麗です。フカフカというよりは、固めで畳に布団を引いて寝てる感覚ですね。

とにかく中国のイメージが大きく変わりまして、楽しかったです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。