スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大型二輪免許 一発合格への道! その4

2010 06 23
さぁさぁ、ニーグリップがやってまいりましたよ。

このドキュメントももうその4まで来てしまいました。

僕の予定ではその3で終わる予定だったのになぁ。おかしいなぁ。なぜシリーズ化されてるんだろう?


それは一発試験に何発も落ちてるから!!

実は、昨日も今日も試験を受けに行ってきたんです。もう早起きなんてミッションですらありません。なんだか健康的にすらなってきました。毎日起きるのが当たり前。

あれ?

教習所に通うのと変わらないじゃん!!


という文体から全面にカラ元気を押し出しております。



はぁ~…。



とりあえず、3回試験を受けてみてわかったことがあります。


1回目の完走は奇跡的だった。


ということ。

想像以上に苦戦しております。

問題は、課題走行でも法規走行でもありません。

平常心との戦い!

これに尽きます。

何度コースを下見しても、何度頭の中でシミュレーションしても、コースを言葉で暗記していようと、それを平常心で実行に移せなければなんの意味もありません。

なんだか、久しぶりに「失敗」を経験しております。

しかし、昔の人は言いました。

失敗は成功のおかん!


失敗がなければ、成功もありません!

失敗から学んで次に進めばいいのです(涙)


ちなみに昨日も今日もボロボロでした。

速度を出すことを意識し過ぎて曲がる箇所を過ぎてしまったり、左右確認を義務的にしているため、実際に見ておらず優先権のある他のバイクを譲らなかったり。

完走すらままならない始末。

次にどうしたら合格が見えてくるのか検討もつきません。だって、机上論では完璧なんですもの。

あとは、本番でそれを100%実行するだけなんですけどね。

それがなかなかどうして。

という弱音をはいていても仕方ないので、もう開き直って受かるまでやりたいと思います。

こうなったら5回でも10回でも何度だって立ち上がってやります。

あきらめたらそこで試合終了なんですよね? 安西先生!!

首を洗って待ってろよ~、大型二輪免許!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。