スポンサーサイト

-- -- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

This is DB9 by ASTON MARTIN

2010 09 09
さてさて。

夢のような日々が続いております。

夜中にふと目が覚め、もしかしたら全部夢かも。と思って、寝ぼけ眼で駐車場に向かいます。

そこにはまごうことなきDB9が鎮座して、輝きを放っております。

夢じゃないことを確かめる為にキーを回してエンジンに火をつけます。

覚醒しきらないまどろみを引き剥がされるような咆哮に、体中の血液がざわつき、やっと現実であることを確認します。

それほどまで夢見た光景。

「僕はアストンマーティンに乗っている」

その現実が夢を追い越していく不思議な感覚に浸りながら、満喫しております。

そんなオイラの新しい白馬を紹介します。

アストン01

何度見ても見飽きないスタイリング。
超ロングノーズとフェンダーとボンネットにあるエアーインテークがお気に入りです。

リアビュー

そして、このリアからの美しすぎるライン。あぁ、なんて君は美しいんだ。このラインの美しさがヴォランテ(オープンモデル)では失われているのでクーペにしたくらいです。

エンブレム

そして、中央に位置する100年近く続く伝統的なエンブレムが。
翼を模したその造形は、まさに僕に翼を与えてくれたようです。早くこいつといろんなところへ出掛けたい! 何度も経営破綻の危機に陥りながら必死に守られたこのエンブレムには想像を超える価値があるのです。

ドアハンドル

最初、どのようにしてドアを開けるのか迷いました。
二本線がある部分を押し込むと、ドアハンドルが現れます。細かい部分までスタイルにこだわってます。

スワンウィング

これもアストンでは伝統的なドアの開き方です。
白鳥が羽を広げたようであることから、スワンウィングと言われております。

約12°の角度で上方向に開くので、縁石に擦ったりする心配がありません。でもきっとアストンのデザイナーは便利だからとかじゃなくて、この開いた姿の美しさで採用したと信じております。

運転席

内装はサンドストームというオプションカラーで、総革張りです。天井にもアルカンターラというバックスキンが使われております。これ1台で4頭分の牛革が使用されているのだとか。そりゃ高いわね。牛さん、ありがとう。

サイドシル

そんな内装の縫製を担当した人の名前がドアのステップに刻み込まれています。
なんと、SANO HIROSHIさんが作った模様です。日本人かよ!
いつかイギリスのゲイドン工場で働くミスターSANOに会いに行きたいです!

後部座席

一応4人乗りですが、後部座席はあってないようなものです。
ただし、子供や小さい女性であれば短時間であれば乗れなくもない、という感じですね。でもこれがあるとないとじゃ大違いなんです。なんせ一応は乗れますから。

メーターパネル

運転席に座って、キーをひねると、アルミ製のインパネがオーナーを招き入れてくれます。
そして、浮かび上がるのは、

POWER

BEAUTY

SOUL

ASTON MARTINの文字とロゴ。

いかにもアストンの哲学が凝縮された憎い演出です。

左右対称のメーターで、タコメーターは針が逆回りです。なんてお洒落なんでしょう。

内装

インテリアウッドには、本物のバンブーを加工してあります。とても綺麗です。
時計がアナログ時計なのもイギリス車っぽいですねぇ。

エンジンスタート

エンジンをスタートするには、キーを回して赤く発光しているガラス製のスタートボタンを押します。
キーを回すだけじゃなくて、あえてボタンを押させる儀式に毎回ワクワクさせられます。

ルームミラーモニター

問題のナビですが、ちゃんと希望通りルームミラー内のモニターに映し出されております。

(夜中にゴソゴソ撮影したので、暗くてすみません。)

思ったより少し大きさを感じますが、視界を邪魔することも視認性も悪くないので、良しとしましょう。ポータブルナビや、レーダー探知機と一体型のナビをハンドル脇につけることも想定したのですが、やはり無骨な印象になってしまうので、当初の予定通りルームミラーモニターに落ち着きました。

ナビは最新式なので、なんの不満もありません。当然ですが、BMWの純正ナビよりはずっと賢いですね。
何より運転中でも助手席の方に操作を頼めるのが一番の進化です。一応地デジも綺麗に写ります。

ルームミラーモニターは意外と安いので、いくつか買って試してみてもいいんですけどね。
まぁ、おいおいですね。

エンジン

そして、何よりこの6リッターV型12気筒エンジンがあの凄まじいエキゾーストノートをもたらしてくれます。
僕はあまり車のメカニック系は詳しくないのでわかりませんが、このエンジンがすごいことだけはわかります。

ちなみに燃費は6km/lと予想よりはいい感じです。


と、長々と紹介をしてしまいましたが、今でも本当に自分がアストンに乗っているなんて信じられません。

約7年前、ジェームズ・ボンドが駆るヴァンキッシュという名のアストンマーティンを見てから、ずっとずっと憧れていた車でした。その後、ヴァンキッシュは生産終了となり、新モデルのDB9が発表され、そのかっこよさにますますこのメーカーの虜になりました。

18の時、初めて買った車はワゴンRでした。その車は数ヶ月で事故で廃車になりました。
それから、アルト、フィット、オデッセイ2台を乗り継ぎ、初めての外車で、僕の条件ぴったりの100点満点車であるBMW335iカブリオレを手に入れました。

約10年間、車と共にあった人生でした。

そして、その100点満点を超える車がアストンマーティンです。

30歳を迎えるまでにどうしても夢に触れたかった。

何者かである30歳になりたかった。何者でもない30歳を迎えるのは嫌でした。

毎日毎日イメージしてイメージして手に入れたつもりで行動しました。

現実はそのイメージを遥かに超えます。

夢は叶うんだよ。僕はDB9に乗って心からそう言える大人になりたかった。夢を与える存在でありたかった。

目標はありますか?

その目標はいつまでに達成したいですか?

その為にどんな努力ができますか?

達成したあなたが見る景色はどんな景色ですか?

夢を叶えようと頑張ることはかっこ悪いことではありません。
大切なのは一歩踏み出す勇気です。

その勇気が夢を引き寄せます。勇気が人を成長させてくれます。

僕もまだまだこれからです。目標を見失わず、次の夢に向かって一歩を踏み出します。

というわけで、夢募集中。

夢の向こう側

2010 09 06
どこかで聞いた「ピリオドの向こう側」みたいですが。

どもども。

別れとは物悲しいものです。

特にそこに愛があるならば尚更です。

しかし別れとは、新しい出会いをもたらします。

物悲しさは、喜びを後ろに連れてきてくれます。

湧き出る感謝の気持ちと共に。

本当に本当に、君は僕の夢そのものでした。


イメージした以上の価値があり

共に過ごした時間があり

忘れることのない記憶があり

魂を揺さぶる高鳴りがありました。


どこへ行く時も僕を守ってくれ、高次元の信頼と呼ぶに相応しかったです。

いつも僕に夢を持つことを教えてくれました。

最後の最後まで、君はかっこよくてかっこよくて涙があふれます。

これから僕は次のステージへ向かいます。

まさに夢の向こう側。

どのような景色が待っているのか楽しみと不安が混じった複雑な気持ちです。

君は喜んで送り出してくれるかな。




……じゃあな。


そして、心から感謝。

ありがとうございました!!





BMW.jpg


そして、夢の向こう側。

僕にとっては少し背伸びをしてまだ釣り合わないかもしれません。

でも、きっと似合う人間になります。

真新しい匂いと、まだ聞き慣れない音に戸惑いながら。


これからどうぞよろしくお願いします!!




アストン

一体なにが…?

2010 08 31
どうもカウンターです。

僕のブログには多聞に漏れずアクセスカウンターというものがついております。

今日は何アクセスだな、とかがわかるアレです。

だいたいブログを更新した日は30~50アクセス程度なんですね。多くても70アクセスくらい。まぁ、その内半分くらいは僕なんですけどねっ(涙

だからきっとこのブログを見ている人ってほんの20人くらい?

あれ? 涙で画面が見えないよ?


ぐすんっ。。


で、今日もアクセスを調べてみると…。

ん?

なに? 壊れた?

15…9?



159!?


一体誰がそんなに見たのだ…。もしかしたら潜在的に読者はもっと多いのだろうか。

あぁ、不思議。

一度成功体験をすると忘れられなくなると言いますが、まさに159なんてすごい数字見てしまうと、明日から自分で何度も見てしまうではないか!カウンターの数字を自らあげてしまうではないか!

あぁ、159、、、なんで160じゃないの?

まぁ、それはおいといて今日も筋肉痛が止まらず、おじいちゃんよろしくな歩き方してますが、皆さんに幸せをいただきました。ありがとう!

全身から悲鳴が…

2010 08 29
どうもバーベルです。

どうしても克服したい自分のコンプレックスの中に、「華奢」というのがあります。
実際僕にお会いした人の多くが「細いですね」と僕の全身を評します。良くも悪くも、ですね。

いままでいろいろとジムに通ったり、家で筋トレしてみたり、様々なことをしてきましたが、結局長続きせず終わるありきたりなパターンを踏んできました。

どうしても克服したいと思いつつも、「まぁ太ってるよりかはいいか」と自分を正当化してきました。

ですが、もうそういうことはやめにしようかと思います。

僕はあまり努力が好きじゃないし、どうしても辛いことから逃げようとする習性があります。

しかし、ここらへんで一度20代も終わりに近づいてきているので、ちゃんと努力してみようかなぁ、と。

この身体に潜む、鏡を見るたびについていたため息から解放されたい!

というわけで、今回は、かなり本気です。

その本気のスイッチとして、体重計に乗ってみた、というのもあるんですけどね。
なんと7年前から18キロも太ってたんです。

さすがの僕も18キロ太った自分の身体からため息がでないわけないですね。
というわけで、パーソナルトレーナーをつけて、本格的に1年近くの計画を立てて、食事まで意識してやっております。

プロのトレーナーがマンツーマンで、一番効率よく身体を作っていけるプランを立ててくれました。それに沿って僕は努力するだけ、なのですが、これがきつい。

まず、トレーナーはプロなので、身体のことをよく知っています。メンタル面でも自分自身が置いている限界値の遥か上を要求してきます。

しかし、その自分が置いていた限界値は、まさにまやかしで、自分が決めた枠だったと知ります。

自分では絶対に選ばない重さのウェイトで、自分では絶対にやらない回数が出来たりします。

当然、その代わり生涯味わったことのない筋肉痛がもれなくプレゼントされます。

そして、筋肉痛が終わらないうちに次の予定を組まれ、最初とは違う場所の筋肉を徹底的にぶっちぎります。ぶっちぎれた筋繊維は超回復と呼ばれる再生が行われ、イスに座ることもままならない痛みに襲われます。

その中で、こんな大変な思いをしたのにもかかわらず、「食事が8割ですから」とさらっと言ってのけるトレーナーに一番びっくりします。

まぁ、考えてみれば僕は知識だけはあります。食事が8割というのも納得です。

しかしこれほどまでに辛い痛みに耐えつつ、高タンパク低糖低脂の食事は気が滅入ります。。。

今まで普通に食べてた炭水化物を我慢するっていうのは本当に辛いですね。

でも努力する、って決めたのでもう少し頑張ってみます。

来年の夏は見違えた僕の身体に乞うご期待。(大丈夫かな…)

お部屋の模様替え♪

2010 08 24
どうもディスプレイラックです。

最近、気付いたのですが、なんとも部屋にいて楽しみ感というかワクワク感が湧いてこない。

なぜなーらここに住みだしてから一度も部屋の景観が変わっていないからだ!

もう飽きたんだよっ!

だので、本棚や観葉植物、デスクトップパソコンなんかの位置を変えたりしてみました。

あら不思議。新鮮じゃないの。

なんて気持ちになってくると、さぁ大変。

新しいソファーが欲しい! お洒落なローテーブルに花を飾りたい! ディスプレイするラックが欲しい! そしたら飾る小物も欲しい! ついでに間接照明も増やしたい! あ、植物が枯れてる!

という感じで欲が出てきちゃいます。

う~ん。困った困った。

気がつくと楽天で家具見てるし。このままいくと部屋改造計画が実行に移されてしまう。

だって模様替え楽しい~んだも~ん。

そういえば、どこかの学者か偉い人が、「人は友人を呼ぶために家を決める」みたいな格言があったような気がするけど、まさにそうだね。人を呼ばなければ何でもいいもん。

なんならみかん箱の上に座ったっていい。

ただ、部屋が広くないので、もっと広かったらいろいろバーカウンター置いたり、ビリヤード台置いたり、ビールサーバー入れたりするんだけどなぁ。ってそれ普通のプールバーだった。

いやしかし家具ってピンキリですね。似たようなデザインでも10倍もするのあるし、何が違うんだYO!

久しぶりに家具を見るのも楽しいね。

どーしよっかなぁ~。
« Prev | HOME | Next »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。